576

本作主人公 デフォルトの名前は「エンド」

仮面の一族で傭兵をしているという設定ですが、、、

僕はちょっと名前に注目してみました(´・ω・`)

名前が「エンド」ですよね。

エンドから推測される主人公の意味は・・・


—スポンサーリンク—

さて、主人公のデフォルトの名前が「エンド」

エンドはカタカナですが実は英語の「end」とかかってるのではないのかな?

っと思います。勿論、全クリしてストーリーを通した視点での考察ですが、、

概要

傭兵として老人トキと任務をしていたエンドは一仕事終えた後に、別の謎の老人から今回のいけにえであるセツナの暗殺を依頼される。言われるがまま向かったモルの村でセツナと対面するがそこへ駆けつけたクオンとセツナの父であるライシンによって魔法で捕まる。その時に村を魔物が襲い放置されるが、セツナ自身の手によって助けられ、クオンやセツナと共に魔物を撃退、以降セツナの提案で最果ての地までの護衛を頼まれる。

騎士の村ヤーガで暗殺を依頼したジュリオンの部下に再会するが、この時点でこの暗殺という感覚は消えていた模様。

旅の末に最果ての地にたどり着き、この世界の真実を時の審判者から知らされる。そして全ての元凶である「輪廻の闇」を撃破するが、輪廻の闇は過去へと逃げてしまう。仲間の魔力を借りてセツナと共に過去のモルへと向かったエンドは「名残雪の石碑」で輪廻の闇の正体と対峙。

577

元は人間だった輪廻の闇は簡単に倒れるが、それを庇ったセツナと輪廻の闇は同化してしまう。自分ごと斬ってくれと言うセツナに対し、エンド(プレイヤー)は決断を迫られる。

エンディングでは雪の道を歩く、オープニングを同じ場面、そしてパッケージのイラストである雪の中を独りで歩いている。

武器や属性

武器は剣。圧倒的デフォルトな剣w しかし「オーラ」という回復魔法や「叫ぶ」や「ウォール」とといった支援も可能で性能的には最強メンバーだと言えると思います。

最強装備、、というか武器ですが、「虹」もしくは「刹那」が最強の武器です。刹那は開発スタッフの村へ行かなければ手に入りません(´・ω・`)

詳しくはコチラ→・開発者の村発見w エンドの最強武器は「刹那」?

虹は最果ての地の城の中の銀の宝箱からですね。

属性は全て付いてますが、基本は無属性のような感じです。特化した部分はあまりないですが万能型ですね(・∀・)

最強魔法は「ジェネシス」これはオープニングで一緒だったトキを倒せば入手出来ます

詳しくはコチラ→・裏ボス「トキ」とエンド最強の法石「ジェネシス」の入手方法


 

ストーリーからの名前の意味やエンディングの考察

「最果ての地で告げられる真実」

それはこの世界のセツナの旅は何度も何度も繰り返されていると言う事。

時の審判者の魔法によって巻き戻され、”エンド”以外のメンバーは何度も時の審判者のところまで辿り着くも、いけにえとしてセツナを差し出す選択を繰り返していた事が発覚すると同時に、エンドが同行するいけにえの旅は今回が初めてだったと明かされます。

ここで引っかかったのが主人公の名前「エンド」

エンドとは即ち「END」としての意味を持っていて、魔物の原因である「輪廻の闇」の輪廻から、この繰り返しの旅を終わらせる存在だったのではないでしょうか?

勿論この世界の存在としては仮面の一族で傭兵を生業として生きている若者、、にしか過ぎないんですが、このゲームの世界構造を考えた上では、主人公のデフォルト名が「エンド」だったことには開発陣の思惑があるようにしか思えません(・∀・)

つまりは主人公エンドは「終わらせる者」としての使命を持っていたんじゃないかなと。。エンディング直前でセツナを斬るか斬らないかは選択出来ますが、セツナを斬らなかった場合でも世界は無事に輪廻の闇から解放されているので、「輪廻」からの解放には成功したと言う事ですよね(*´ω`*)

小ネタみたいな感じかもしれませんが、以上が考察になります(・∀・)

→いけにえと雪のセツナ攻略目次へ戻る