Steins;Gate 0 【シュタインズ・ゲート・ゼロ】ネタバレ攻略 かがりend【相互再帰のマザーグース】 分岐条件と感想考察

シュタインズ・ゲート・ゼロ かがりend 【相互再帰のマザーグース】

  • 分岐条件

  1. 閉時曲線のエピグラフで12月15日、神社でスマホの電源を切る
  2. 軌道秩序のエクリプスで1月2日、ラボで【アマデウス紅莉栖】の着信に応答
  3. 二律背反のデュアルで1月15日にラボ襲撃直前の電話に応答しない

この3種類の分岐で各行動を行うと【相互再帰のマザーグース】へ移行。かがりendへ。

5

ここから以下はネタバレを含んだ簡単な感想やあらすじなどになりますので、ネタバレ勘弁な方はプレイ後にでも読んで頂けると幸いです。

まゆりの養女【椎名かがり】を巡るシナリオ

世界線は大きく変わり、基本的にラボメン達が協力して椎名かがりの捜索と記憶の再生等を全力でサポートする世界線。

・レスキネン教授・レイエス教授

レスキネン教授は来日し、岡部にアマデウス紅莉栖のモニターを依頼するが、特に悪徳要素は明かされない。BADルートで共に悪役だったレイエス教授もところどころ登場はするが、最終的には所在も不明

・比屋定真帆

岡部に隠れることもなく紅莉栖の遺品であるノートPCとハードディスクは序盤から開封したいと相談。終盤には紅莉栖の理論を引き継ぎダルと共に電話レンジ(仮)の完全改良バージョンを完成させてかがりの記憶問題に貢献。

2

・天王寺

初代でアキバ界隈のSERNの下部組織であるラウンダーの筆頭のような悪役だが、岡部から事実関係を直接指摘され協力関係に。かがりの記憶のバックアップ場所を突き止めるために鈴羽と協力して『ストラトフォー』の刺客を撃退し尋問する。頼れるおっさん。

・桐生萌郁

ダルの裏世界の知り合いとして登場。肩書きは初代と同じで記者(おそらくラウンダー)、序盤に鈴羽とダル、岡部が協議してかがりの捜索を依頼される。

・ルカ子

椎名かがりが記憶を失ってから実は世話をしていた(父の知り合いの連れだった)、かがりだとは知らずに岡部に記憶喪失を相談。その後もかがりの匿うなど協力する。

・牧瀬紅莉栖

軌道秩序のエクリプスで1月2日、ラボで【アマデウス紅莉栖】の着信に応答した後、世界線が1.00を1度下回りa世界線で岡部の前に生きた姿で登場。しかしその世界はまゆりが生きてはいない世界であり、岡部の世界線移動にも気付いている。電話レンジ改で岡部をb世界線へと戻す。

・カエデ・鈴羽ママ(由季)・フェイリス・フブキ

脇役。1度ラボへかがりを狙った襲撃がありライダースーツの人物が由季と同じ場所を怪我しているが、最終的には正体不明。

・ダル

鈴羽の頼みを聞いて桐生萌郁に捜索を依頼。その後も記憶を戻す装置を真帆と一緒に完成させたり、記憶のバックアップ元である『ストラトフォー』へのハッキングも成功させる。

-------スポンサーリンク-------


・鈴羽

1998年に別れた椎名かがりの捜索を続ける。end場面では再びかがりと過去へ飛ぶ事に。

・まゆり

記憶を失ったかがりに不思議な親近感を覚えて懸命に介抱する。終盤で記憶が戻ったかがりと半年程の幸せな生活をするが、鈴羽と過去へ飛ぼうとしてかがりに止められる

・岡部倫太郎

細かく世界線が変動するルートなので、結構かわいそうな役目に、、。1度紅莉栖の生きている世界線へ飛ばされるが紅莉栖の手によって元の世界線へ戻される。a世界線での経験を生かして天王寺に協力を求めたり、真帆へ真相を打ち明けてかがり救出に全てを掛ける。終盤でかがりを守っておそらくトラックに跳ねられて亡くなる。

・椎名かがり

元は2036年から鈴羽と共にタイムマシンで時間跳躍をした未来のまゆりの養子。1998年に鈴羽が母親まゆりへと続く世界線の変更に拒絶して鈴羽とは別行動。その間施設で紅莉栖の記憶を植えつけられる。気付いた時には記憶を失っておりルカ子の家に居候。『ストラトフォー』による記憶の移植が原因で危機に陥るがラボメン達の活躍で記憶を取り戻す。endで岡部を助けに行こうとする母親のまゆりに変わって鈴羽と一緒に過去へ飛ぶことを自ら決断。

3

母まゆりと娘かがりが中心のシナリオ

この分岐でストーリーを進めると、岡部の世界を救う目的などは殆ど出て来ませんw 代わりにひたすらかがりとまゆりのためにラボメンが奔走するような世界線です。

かがりは『ストラトフォー』の施設から逃げ出しており、そのときにも1度事故にあった模様。その後記憶を失ってからは紅莉栖と自分の記憶が混同してしまうのでどんどんピンチに(;O;)

4

かがりの22歳の姿は紅莉栖と良く似ており、岡部も最初は戸惑いますが、なんだかんだと助けます。記憶が戻る寸前に岡部がかがりをトラックから助けて病院で目覚めるんですが、そのときには岡部も出ます。

しかしendの様子ではその時に岡部は身代わりとなっているようで、、、なんとも複雑な気持ちに(~_~;)

コメントでご指摘頂きました(´・ω・`)オカリンは生きてるけれど、気力を失っているという解釈の方が正しそうです(*´ω`*)

初代からポケッとしている印象の強いまゆりが強い意思を持って岡部の為に過去へ行こうとするシーンは中々感動的ですね^^ 最後はかがりと鈴羽が過去へ飛ぶのでこの世界線において第三次世界大戦が引き起こるかどうかは分からない、、、といった終わりが印象的です。

→シュタインズ・ゲート・ゼロの記事一覧へ戻る

-------スポンサーリンク-------


サブコンテンツ

このページの先頭へ